双子ママ研究者の研究・育児日誌

文系の女性研究者(特別研究員PD)のブログです。 出産して双子の女の子のママになりました♡育児と研究の両立に奮闘するなかで思ったことを書いていきます。

夏休みになりました

久しぶりの投稿になりました。

 

4月から大学に着任しました。毎日があわただしくて目が回りそうです。着任前から、大学教員としての生活リズムと子どもたちとの生活、自分の研究のバランスが取れるかどうかがすごく心配でした。

 

授業や会議でどうしても保育園のお迎えに間に合わない日は、義両親にお迎えをお願いし、協力を得ながら日々を送っています。このサポートなしで生活していく方法の想像ができません。夫は帰りが遅いので、保育園のお迎えには間に合わないからです。そういう形で会社が当たり前のように回っているのです。

 

前期期間中は自分の研究はほとんどできませんでした。講義経験に乏しく、講義も演習もはじめから準備しないといけないし、新しい大学の学生に私の授業が通用するのかが相当不安でした。自分だったらどんな授業がうれしいか、どんな学生さんのニーズがあるかをいろいろと考える毎日でした。教員として、はじめての学生指導も経験しました。特に指導教員となることのプレッシャーはすごくて、本当に私でいいのだろうか、学生さんに適切なものを提供しなくては、と不安が今もいっぱいです。また、研究室にはいろいろな問題や不満があって、教員として何ができるのか、今後も課題はいっぱいです。でも、人が優しいことと好きな研究をこれからも続けられそうなところに感謝でいっぱいです。

 

夏休みに入り、自分の研究を大急ぎで進めています。夏「休み」という名の研究期間です。フィールドワークや国際学会の準備、書評会発表、論文寄与、自著の書評への応答、翻訳、研究会発表、後期の授業準備。。。後期には学会シンポジウムもあるし準備しないと。もちろん、レポート採点(祭典!)もあるし、やることがたくさんたまってしまって、どうやればもっとうまく立ち回っていけるのかがわかりません。依頼を断るのも、まだ若手であることや、大学のことを考えるとなかなかできないと思ってしまいます(うれしい悲鳴とも言えますが、今回は依頼系がすごく多く、そのためスケジュールが圧迫されてしまったのです)。でも、今後は優先順位を決めて少しブレーキをふまないと、、、と自分のスケジュールを見て反省中です。研究が本当に好きで、だからいろいろやりたくなってしまうけれど、今後は対外的にもやっていくことが増えるということを前提にしながらバランスをうまく取らないといけないなと思っているところです。

 

そんな生活のなか、子どもたちのイヤイヤにすっごくイライラしてしまうこともあり、自分のストレスもうまく解消していかないとと思います。でも、最近いろいろ話せるようになって、会話がどんどん弾んで、すっごく楽しいし子どもがますますかわいいです。この気持ちを大切にしながら、その気持ちをどこかに持っていかれるような働き方だけは絶対にしたくないなと深く思います。

 

大学教員に女性はとても少ないです。所属研究科では、不自然なくらい女性の割合が低くて、もちろん年齢の高い男性ばかりで、はじめて教授会に出席したときにはその空気に圧倒されました。当事者が声を上げないと気付かれにくい問題ってたくさんあると思います。私の場合、裁量労働制をフル活用してリズムを作り、なんとかやっている感じはありますが、これがすべての人に通用するとは思えません。私はやっぱり子どもを産みたいと思っていて、その場合、そのケアの主体になるような人がもっと不安を抱えないような場所の実現について、長い目で考えていきたいです。

 

 

今年・今後の抱負

あけましておめでとうございます。

 

2018年もどうぞよろしくお願いいたします。

 

本日から3月末までの3ヶ月限定で学振RPDになります。ありがたいことに4月からの職に内定をいただいています。自宅から通える場所での就職でテニュア付きポストです。恐ろしいほどの運の良さだったと思います。少しでも何かが異なったり、タイミングがずれたりしたら、今の結果にはならなかったと思います。感謝しかありません。

 

私はこれまで、今の現状や制度内で、どうしたら妊娠・出産・育児というライフイベントを実現しながらも女性研究者が研究し続けることができるのか模索してきました。そのために必死でした。もちろんいいこともたくさんありましたが、辛かったこと、苦しかったこと、理不尽だと思ったことはいっぱいあります。自分なりの方法でライフイベントと研究を両立し、結果として、これからも研究を続けられるであろう職をいただくことができました。一つのロールモデルになることができたのかな、とは思います。

 

でも一方、これから子どもを持ちたいと思っている研究者のなかには、私のやり方は「研究も育児もどんどんやる!!」というスタイルだったので、息がつまられる方もいらっしゃると思います。実際、私はこの実践において、何度も何度も息がつまっています。そもそも、なんでこんなにサバイバル方法を何年も前から考えて、下準備して、出産に望まないといけなかったのか、それ自体も問題だと思います。これはライフイベント、女性研究者だけに限ったことではなく、研究者業界全体(就職事情)にも関連することだと思います。とはいえ、子持ち女性研究者のあり方が私の中では大きな課題ですので、私としてはまずはそこを考えたいです。

 

私は見かけ上、出産後もある程度業績を出していますが、実際その業績のほとんどは、出産前、さらに言えば妊娠前の貯金を小出しにしている感じのものです。妊娠後、出産後、そして、今も研究スピードは妊娠前に比べて泣けてくるくらい微々たるものです。研究調査もなかなか都合がつかないし、研究者として必要な知識的な勉強は全然できていません。。。研究会に参加することさえ自由にはできない。研究者としては、焦るばかり。来年度からは研究室や学生への責任も生まれるので、さらに気を引きしめるべきだと思います。その中で、教員として自身の研究成果も出す必要があるでしょう。研究業界で子どもを持ちたくても持てないという考えが生まれるのは当然だと思っています。

 

これからは現状の足りないことをどんどん見つめて、次の世代にはこんな息がつまるようなことが起こらないように、その一助になれるようなあり方を見つけていければと思います。これから職につき、息がもっとつまりはじめるかもしれませんが、少しずつ何か変えることに貢献できるような研究者・教員になれたらいいなと思います。

 

 

学振PD終了に向けて

今月末で学振PD期間が終わります。年明けには学振RPDになります。

 

育児のための中断期間があったので、学振PDとして3年7ヶ月を過ごしたことになります。結構長い間だった気がします。この間、博士号を取得したり、結婚、妊娠、出産、育児といったライフイベントなるものを立て続けに経験したりしたからかもしれません。すでに学振PDがアイデンティティみたいになっているので、そうではなくなることが少し不思議な気持ちです。

 

研究業界において、定職を持たない状態で子どもを持つことは、かなり勇気がいることでした。少しの遅れが研究者生命を絶たないかと、かなり不安でした。でも、やっぱり子どもが欲しかった。研究はやめたくなかったけれど、子どもを欲しいという気持ちはずっとずっと前から持っていた気持ちでした。どちらも手に入れようと決める後押しをしてくれたのが学振制度の存在でした。そして、受け入れ研究者の方がこれらの事態に理解を示してくださったことも非常に大きかったです。

 

子どもたちはもうすぐ2歳。最近はかなり会話らしいやり取りができるようになってきました。イヤイヤは大変ですが、かわいいこともたくさん言ってくれるようになり、ママはますますデレデレです。

 

母親と研究者という2つの「お仕事」。どちらもやりがいがすごくあります。私にとって、どちらもすごく好きなことなんだと思います。これからもどちらにも真剣に向き合いながら、周りの大切な人たちと過ごしていきたいです。

いやいや期

2ヶ月前から、双子妹が「やいやいやいやい」と唱えている。少し前から、双子姉が「やだやだやだやだ」と言いはじめた。ついに「いやいや(やいやい・やだやだ)期」がやってきました!!


耳にタコができるくらい、道ゆく人を主として多くの人々に言われ続けた「1歳すぎると2人で遊んでくれて楽になるわよ」は、うちの場合は迷信でした。今は1歳8ヶ月ですが、今だに家では2人で遊んでなんてくれず、2人でママにかまって攻撃です。。。その他、諸々のいやいや期の出来事に、ママはヘロヘロです。

 

「大変ね。でも、いっしょに大きくなって楽よ!普通だったら今からまた妊娠しないといけないわよ」とか「双子大変ね。でも、年子よりいいわよね」とか「大変だけど、女の子でまだよかったわね。うちは男の子だったから…」も耳にタコです。あまり面識のない人に言われることが多いですが、あまり比較はしないでほしいと最近切実に思います。「みんなそれぞれ」ということでまとめたい気分です。マウンティングにも聞こえますし。。。1つ目の言葉はアンチひとりっ子言説とも結びついていますね。実際その手の話をよく聞くこともあり、かわいい親戚がひとりっ子なこともあり、その他諸々で、キーッ!!ってなってしまいます。余裕がないのですね。

 

そんなこんなで、育児に少し疲れ気味です。「3歳になると楽になるわよ!あと少しよ!」は本当なんだろうなぁ、がんばろう!!と期待しています。

 

なんて、ぐちぐち言っていますが、「ママ!ママ!」と呼んでくれる2人を見ながら、「こんなに慕ってくれるのはいつまでなんだろう。いつかは巣立って行くのかな。さみしい!!!」なんて、のんきなことを考える余裕があるところを考えれば、まだまだ元気なようです。最近、泣いている双子を高確率で笑わせるルーチンを考案して 、繰り返し繰り返しおんなじことをやって、双子のウケをねらっています。双子専属の芸人になった気分です。「このルーチンも、いつまで有効なんだろう」とビビっています。

 

でもでも、総じて2人ともすっごくかわいいです♡とくに笑顔と、、、、、、寝顔が!!!!!(笑)

 

 

大きくなったら小さい子に優しくしてあげてね

研究に育児に、保育園の送り迎えがしんどいと思う日もあるけれど、一昨日とっても心温まる出来事があり、疲れがふっとなくなりました。

 

保育園迎えの帰り道。双子姉を抱っこして、双子妹をベビーカーに乗せていました。

 

双子妹はいつも抱っこをせがんで大暴れ。双子姉がベビーカーに乗る頻度が激しく高く、双子姉はストレスを貯めて、最近ふいに爆発することがありました。そこでその日は双子妹をなんとかベビーカーに乗せて、双子姉をスリングで抱っこしていました。双子姉は嬉しそうにしがみついてきてキュン♡しかし、双子妹が気分を害し、帰路でどうしようもないくらいの大号泣になってしまいました。

 

仕方ないなぁ、と双子妹も抱っこしようとベビーカーのベルトを外そうとした時、「大丈夫ー!!!」と男の子が走ってやってきました。名札を見ると同じ保育園の年長さんみたいです。「抱っこしてほしくて泣いてたのよ。今から抱っこするから大丈夫よ。」と言うと、もう1人、年少さんの弟くんがやってきました。弟くんは以前から双子をかわいがってくれている子でした。「◯◯ちゃん!大丈夫!?」とヨシヨシしてくれました。電動自転車を押されながら、兄弟くんのお母さんもやって来られました。

 

双子妹は、相変わらず抱っこしてもらわないと許さない!という雰囲気でした。双子姉もスリングの席を譲るつもりはないようです。よいしょと双子妹を抱き抱え、2人抱っこの状態でベビーカーを押そうとしました。兄弟くんのお母さんは大慌て。「ええー!ちょっと、◯◯(兄)、◯◯(弟)!ベビーカー押してあげて!!」と言われ、兄弟くんがベビーカーを押し始めてくれました。双子用のベビーカーなので普通のベビーカーより重く、兄弟くんには重かったのですが、それでも2人とも一生懸命押してくれました。

 

ちょうど私の帰り道の途中に兄弟くんのお家があるということで、お母さんが「大丈夫です!!いっしょに帰りましょう!」と言ってくださり、兄弟くんのお家が近づくとお母さんは大急ぎで電動自転車をお家に置いて戻ってきてくださり、私のお家までベビーカーを押してくださりました。「双子、大変ですよね!!すごいです!!できることがあったらお手伝いさせて下さい!」と優しく微笑みかけて下さいました。そうおっしゃるお母さんも、実はもう1人上に男の子がいて、三兄弟を仕事をしながら育てている方です。お家に付き添って下さっている間も、私に気をつかわせないように「この子たち小さい女の子大好きなんですよ。よかったね、◯◯(兄)、◯◯(弟)」。と言って下さいました。純粋に本当に素敵な方だと思いました。

 

兄弟くんにベビーカーを押してもらっているとき、「どうもありがとうね」と言うと、お兄ちゃんが「小さい子には優しくしてあげるんだ。双子ちゃんも、大きくなったら小さい子に優しくしてあげるんだよ。僕はお手本になるんだ!!」と答えてくれました。弟くんも、双子のお世話ができることが本当に嬉しそうで、2人にとても優しく接してくれました。きっとお母さんがそう教えて育てているのでしょう。

 

この出来事以来、兄弟くんやお母さんと少し仲良くなり、今日も帰りがいっしょになりました。三兄弟を立派に育てていらっしゃるお母さんみたいに、私もいつか大変な思いをしている小さい子を持つママにあったかい気持ちをプレゼントできる人になりたいなと思いました。

 

新年度に向けて

今日で2016年度が終わりますね。来年度も引き続き、学振PDとして活動していきます。年度途中で任期がきれて、2018年1月より学振RPDになる予定です。この先は暗闇です。。。

 

今週、来週と保育園は年度の切り替えのため、休みの日が多いです。今まで最年少で、先生・ちっちゃな先輩たちから「保育園のアイドル」として可愛がられていた双子たちも先輩(!?)になります。特に双子を可愛がってくれた年長のおねえちゃんたちが卒園するのは寂しいです。本当にいい時期を過ごさせてもらいました。もうすぐもっと小さなお友達が入ってきます。双子は自分より月齢の低い子に少々先輩風を吹かせる傾向にあります。。。1歳児クラスの子にもお世話してもらっていた2人が、今度はお世話する子になるのでしょうか。

 

育児と研究の両立を目指し、不安と疲労に満ちあふれていた2016年度。しかし、その何倍も助けられた2016年度でした。保育園に預ける寂しさや罪悪感からは、保育園のおねえちゃんたちや先生方が解放してくれました。今では、双子たちは保育園でたくさんの人と接することができたり、お家でできない体験をさせてもらったり、むしろラッキーだったと思っています。笑顔がキュートで、それぞれの個性を存分に発揮している2人の成長が、パパとママは楽しみで仕方ありません。育児はまだまだとっても大変だけれど、完全に峠は超えました。大変すぎるときは長くは続かないのです。

 

研究も、妊娠・出産前と比べたら亀のようなペースですが、なんとかできています。突出した成果を出せたとは言えませんが、今年度に復帰していなければなかった人間関係の形成や、今後につながる話をいただけました。2016年度は今後にとって大きな1年になりました。子どもを預けるからには、絶対にこの1年に価値を持たせるという目標がありましたが、それはひとまず達成できたかなと思います。これらの成果は、家族親族の協力が大きかったと思います。

 

私も含め、研究者の妊娠・出産・育児は本当に不安を感じることだと思います。各方面から理解を得られず苦しまれている方もいると思います。そういう無理解は気にかかりますが、時代は少しずつマシになっているはずです。雑音を気にしているようなヒマなんてこの多忙な生活にはありません(と言い聞かせています)。できるだけ楽しく、ときどき落ち込んで、でも楽しく、育児と研究を両立するあり方について考えていきたいです。

学振三大悪制改善か??

先ほど学振から特別研究員採用者宛にアンケートが届きました。以前、クレジットカードの発行が出来たかというアンケート調査がきましたが、今回のアンケートはそんなレベルのものではありません!!

 

アンケート依頼メールによれば、

このアンケートは「特別研究員制度に対し様々な声が寄せられている中で、本全数調査により、特別研究員の方々がおかれている実態(真実)を把握し、新たな特別研究員制度の在り方について検討するうえでのエビデンスとして活用させて頂く予定です」とのことです。

 

しかも、調査されている実態とは、

 

①給与について

②研究機関との雇用関係について

③副業禁止について

 

です!!!

これはまさに、学振制度における三大悪制ともいえる制度についての実態調査ではないでしょうか。

 

①給与について

DCはもちろん、PDの給与も低いです。研究者業界では恵まれた給与に思えるかもしれませんが、他の職種と冷静に比較すれば低すぎることは明らかです。あの給与の中には、税金や保険、年金の支払いは含まれていません。この給与は「手取り」ではないのです。住宅手当等もありません。家賃の高い首都圏に住む方々にとってはなおさら少ない給与です。学振は海外での活動を推進していますが、国や場所によっては学振の給与では少なすぎてやっていくのが大変です。我々には、奨学金の返済という支出もあります。また、研究者の場合、研究者同士のカップルが非常に多く、お互い給与が安定しないのに扶養対象の子どもがいる場合、長期的な視野で見ると非常に危ういです。一家を養っている研究者もいます。扶養家族数と世帯年収を問えば、その危うさが見えてきます。研究者業界にいるからこの「一時的な給与」が魅力的に見えるかもしれませんが、外から見ればありえないような待遇です。しかも副業禁止って。。。優秀な研究者の原石は、他の業界や企業、さらには海外に流れてしまうでしょう。アンケートは上記のような実態を問うものであったので、心より改善を願います。

 

②研究機関との雇用関係について

このブログで書いてきた保育園問題において、雇用証明がでないことは有害でしかありません。妊娠中から保活をしましたが、体力的にも精神的にもとても辛いです。しかし、研究を続けたいならそれに耐えるしかありません。子どもを保育園に預けられないということは、ただでさえ競争が激しく雇用も安定しない研究者業界において、研究を諦めることを意味するかもしれません。また、私は本当は子どもが1歳になるまでは(本当は幼稚園に入るまで)ゆっくり子どもと過ごしたかったです(念のためですが、私は3歳児神話は一切信じていません)。でもそんなことをしたら、研究復帰できないかもしれないのです。1歳児クラスは0歳児クラスよりずっと倍率が高くなることが予想されるからです。本当なら研究者業界の就職難それ自体をなんとかして、産休育休(研究中断)後に安心して研究者として復帰できるようになれば一番いいです。でも、それが難しいなら、せめて学振の中断制度の期限である、子どもが1歳半になるまで研究中断できるという制度が有効活用できるための一助として雇用証明を発行していただきたいです。

 

③副業禁止について

特別研究員の給与は安い。任期もある。なのに副業禁止。非常勤にも制約がある。これも弊害です。研究成果を出すことを条件に、この制度も改善してほしいです。特別研究員は成果報告を年度末にしますが、これに対して大した介入は入っていないと思います。研究に専念するために副業禁止しているのに、成果に対してはあまり追求しないというのは不思議です。副業しても成果を出せば特別研究員としての責任は果たしているのではないでしょうか。しかも、その副業は研究者としての重要な経験となり、今後の研究生活につながるものかもしれません。あるいは経済的に不安定な研究業界において生き残る手段かもしれません。任期があるのに、この制限があるのは問題ですわ 

 

 

今回、このようなアンケートが来たことは本当に嬉しく思いました。今までこの現状は変えることができないものだと思っていましたが、声は届いているということです。まだ制度が変わったわけではないですが、ぜひ次につながってほしいなと思いました。これらの悪制があっても、不安定な研究者業界では学振は魅力的です。しかし、学振が研究者にとって「真に」魅力的な制度になってくれることを願います。